春の訪れ 2022.04.22更新

今年の春は雨が少なく、長く桜を楽しむことができましたね。(^^)気温は例年より高く日中はもう夏のように感じます。梅雨が始まるまでは気持ちの良い季節が長く続けばいいですね。

写真は十津川村の七郎桜です。奈良県吉野郡十津川村上湯川の住民の七郎さんという方が植樹された桜だそうで、今や十津川村の観光地ともなっているそうです。またもうひとつの写真は弊社の代表が自宅で行っていた『ふかし栽培』です。ちょうど桜が咲くころに、たらの芽の旬が始まるそうです。天ぷらにして食べようかなと言っておりました♪(^^)

季節が変われば気分も変わりますね。ライダーさんにとっても走りやすい季節にもなりました。ただ今年は花粉が多く飛び、花粉症の方は悩まされているらしいですが、運転に支障がでないように心がけたいですね。また春の陽気に誘われて事故やトラブルのないように、気を引き締めて当日配達を行ってまいります。


梅の花 2022.03.10更新

早いもので2022年になりもう3月に入りました。コロナの第6波が2月中旬にピークを迎え、徐々に高止まりしつつもなだらかになってきている印象もあります。引き続き感染対策をとりつつも、気を引き締めていきたいと思います。

当日配達のエフワン便では、このコロナ禍ならではのPCR検体配送や、ご療養先のホテルへの日用品の即日配達など、もろもろご依頼やお問い合わせを頂いております。どのようなお荷物を運んでいてもそうですが、我々の緊急輸送というお仕事は社会貢献という意味でもお役に立てているのではないかと感じますし、またそれを誇りに思っております。法人様、個人様の『困った』を少しでも解決できれば幸いです。

写真は大阪万博公園での写真です。春の訪れを知らせる梅の花ですが、今年は寒冬の影響で開花がゆるやかでしたが、つぼみの花はまだあるものの、見頃を迎えた木もたくさんありました。冬の冷たく乾いた空気から、柔らかい春の陽射しになっていく季節の移り変わりは、厳しい状況下に耐えた先に、一筋の光が見えた感覚によく似ています。

世の中はコロナしかり世界情勢など混沌とした状況が続きますが、明けない夜はない、止まない雨はないと言います。希望を胸に春を迎えたいと思います。

   


冬の嵐山 2021.12.15更新

あっ!という間に12月になりました。月日が経つのは本当に早いもので、毎年同じことを言っております。(^^;)

今年は無観客ながらも東京オリンピックを開催できてよかったですね。それからは確たる理由もよくわからないまま、コロナ感染者数が減少してきました。このまま終息に向かい、経済活動も再開と思いきや、また世界では新しいオミクロン株というものが出てきました。日本では人流が増えても感染者増には今は繋がっておりませんが、まだしばらくは引き続き気を引き締めて感染対策を行っていかなければならないですね。

当日配達のエフワン便では、先日大阪市内から京都市右京区へカーゴ便で配送を行いました。その日はこれで業務終了となりましたので、その帰りに少し嵐山を散策してトロッコ列車に乗ってきました。写真はトロッコ列車から見える保津川です。枯れ木も目立ち、紅葉シーズンは終わっておりましたが、雰囲気はよかったそうですよ。(^^)

12月も残すところあと半分、皆様も2022年を健康に迎えられますように!

 


雲仙地獄 2021.10.07更新

 先日、全国当日配達のエフワン便では、長崎県雲仙市から大阪までカーゴ便で配送致しました。数日前からご予約を頂きましたので、大阪のスタッフが前日から長崎県に向かう事にし、時間に余裕を持って配車をする事ができました。

 早めに到着し指定のお時間まで余裕があったので、緊急事態宣言も解除されたこともあり、感染予防対策をとりながら少しだけですが名所に立ち寄ってきました。

 雲仙地獄の『湯けむり橋』と『清七地獄』です。噴気孔からの真っ白い蒸気は見事で、風向きによってはむせ返るほどの硫黄の臭いもあったそうです。ちなみに噴気や温泉の集まっているところを『地獄』と呼ぶのだとか。昔の人は、この高温の温泉と噴気が激しく噴出し、湯けむりがもうもうとなるさまをみて、仏教でいう『地獄』と例えたようです。雲仙にはこの付近で30あまりの地獄があるそうですよ。(^^)

 


検体配送 2021.09.15更新

 このコロナ禍で増えております『検体配送』ですが、当日配達のエフワン便では『四種病原体等とカテゴリーBの感染性物質の輸送』も行っております。感染性検体を輸送する場合には『感染性物質の輸送規制に関するガイダンス2013-2014版』に準拠している必要があります。コロナ検体においては、国立感染症研究所の検体採取・輸送マニュアルもご覧ください。

 また基本三重梱包やラベリング等は、お客様にて実施して頂いております。ご不明点等あれば、お気軽に弊社スタッフまでご相談ください。

 これからもまだまだウィズコロナとして付き合っていかなければなりません。変異株の特定や検査結果を早めることにより、結果的に感染拡大抑止に繋がります。配送時間短縮には、ぜひエフワン便をご利用ください。


朝顔が咲きました 2021.08.04更新

少し前のブログで紹介させて頂きましたが、会社の事務所の下で育てていた朝顔が咲きました。とてもたくさん花芽をつけて今もどんどん咲いております。

そもそも自宅のベランダで育てていた朝顔はなんと見事に枯れてしまいました。種から育てると途中弱そうな苗を間引くのですが、自宅用に残したものは一軍中の一軍です。ですが初めの頃はキノコバエが土に湧き、梅雨真っ盛りにうどん粉病になり、ハダニとアザミウマに襲われ、葉は色素が抜けてボロボロに・・・。葉も変形し成長が止まり最後は無残な姿になっておりました。日当たりは悪くはないもののベランダの内側ですから、どうしても下の方は日陰になり湿気もたまりやすく朝顔にとっては過酷な状況だったのだと思います。対して事務所では遮るものもなく朝日を浴び、陽射しがきつくなるお昼前からは日陰になります。

今回改めて思ったのが、環境って本当に大事ですね。当たり前の事だけど、日当たりも良く、風通しも良ければすくすく育ってくれる。もともとは保育園でもらった同じ種、育てたのは同じ土、同じ肥料、同じ人。(笑)それでも、環境が違えば育ち方も全然違うのですね。人間もまた同じで、家族内や、学校、職場など身の置いている環境というのは人生形成に大きく関わってきます。子育て世代としては考えさせられる出来事でありました。(--;)


除菌F-1便のパンフ完成 2021.07.05更新

先日、ご紹介させて頂きました『当日配達のエフワン便』の新サービス『除菌F-1便』のパンフレットが出来上がりました。とても分かりやすくなっております。よろしければ皆様ご覧くださいませ。(^^)

『除菌F-1便』では除菌配送専用ボックスで紫外線照射とオゾン発生によるW除菌をしながら配送させて頂くサービスです。また、お客様により専用ボックスにお荷物を入れて頂きますので、荷出人様と受取人様しかお荷物にお手を触れることはありません。配送途中に菌やウイルスが付着する恐れがなくご安心してお受け取り頂けます。

このコロナ禍で過敏になっている方もいるかと思います。お気軽にお問い合わせください。


朝顔と琵琶 2021.06.17更新

先日、関東甲信で梅雨入りが発表されました。『え?まだ梅雨入りしてなかったの?』と不思議に思いましたがここ10年で一番遅いそうです。四国や近畿地方は5月中旬に観測史上最速で梅雨入りしていましたが、この狭い日本でそんなに時期が違うなんて最近はよくわかりませんね…。関西も最近は雨が降らない日は続いていましたが、黄砂の影響なのか、一日中青空の日はなかなか少なくジメジメしております。

そんな中、去年子供の保育園で頂いた朝顔の種を蒔きました。すると発芽率100%で(笑)たくさん芽が出てきたのでその生命力に驚いております。友人や職場の方々にもおすそ分けさせてもらい、事務所でもひとつ育ててみようかと持ってきております。(^^)

また、この前弊社のドライバーさんから琵琶の差し入れを頂きました。お家の庭の木に沢山実ったそうです。雨にも負けず風にも負けず、植物は育ち花が咲き実ります。私たちも天候や周りの環境に流されず、強い精神力と生命力で生きていきたいものですね。(^^)

 


観測史上最速の梅雨入り 2021.05.21更新

 5月の中旬に、四国や近畿地方は、観測史上最も早い梅雨入りをしました。平年に比べて3週間も早いそうです。まさに急な梅雨入りで、冬物の入れ替えなどができずに困っている家庭も多いのではないでしょうか?梅雨入りが早ければ梅雨明けが早いわけでもないそうなので、今年は全国的に長梅雨になるそうです。平年の梅雨明けは7月20日頃なので、おおむね3か月…。1年の4分の1も雨だと思うと気分が落ちますね。(^^;)梅雨の晴れ間を有効的に使い、気分転換したいものです。

 我々、当日配達のエフワン便も豪雨の日は高架下の冠水や、山地の走行は十二分に注意をします。長雨が続くと土砂災害など起こる確率も上がります。河川の増水や氾濫、低い地盤への浸水など、万が一に備えましょう。高齢の家族に、川や畑をむやみに見に行かない等の、注意喚起をするなど、未然に防げるところもあるかと思います。早めの避難や、命を守る行動を心がけましょう。


松山選手おめでとう 2021.04.16更新

まだまだ世界中でコロナとの戦いが続き、出口が見えないまま気持ちが落ち込む中、先日明るい喜ばしいニュースがありました。日本人選手で初めてゴルフのメジャー大会『マスターズ』で松山英樹選手が優勝しましたね。

今まで日本人選手はマスターズ初挑戦から85年、延べ132人参戦してきたそうですが
『日本人のマスターズ初制覇』というのは『日本プロゴルフ界』の悲願であり大偉業でもあるのです。

マスターズで優勝する為の強靭な精神力・体力・技術、それに必要なすさまじい努力があったのだろうと、松山選手に勇気と感動をもらいました。私もそれに比べるとちっぽけな目標がありますが、それを達成するためには努力を惜しまなくてはなりませんね。改めてそう思いました。

さて、そんな『ゴルフ』ですがますますゴルフに最適な心地よい季節になってきました。当日配達のエフワン便では『ゴルフF-1便』という商品があります。一般的な『ゴルフ宅配便』とは違い、数日前にゴルフバックをお預かりする必要がありません。急に決定したコンペや、連日のプレーなどに対応しており、基本的に当日配達が可能で、翌朝のプレー開始前にはゴルフバックをゴルフ場にお届けすることができます。お気軽にお問い合わせください。

(ちなみに今回の写真は、弊社の代表が愛用しているパターなのですが、伝説の球聖ボビー・ジョーンズが使っていたレプリカらしいです^^;)



 


このページの上に戻る

gotop