久米の里のガンダム 2020.06.17更新

少し前の配送なのですが静岡県沼津市から岡山県津山市まで機械部品を運びました。工場のラインが止まっているらしくどうしても当日にその部品が必要だったようです。

その配送の帰り道に、津山市宮尾にある道の駅『久米の里』に立ち寄りました。そこには知る人ぞ知る、Zガンダムの巨大モビルスーツがあります。この身長7mもあるモビルスーツは、津山市在住の方がたった一人で作られたようで、1999年に7年間の作成期間を経て完成しました。とても巧妙で、間接に油圧シリンダーが組み込まれており、外部電源で動かすこともでき、コックピットに人が乗り込み操縦できるように作られたそうです。軽量に作りたかったらしく、シールド等の装備なども省かれているのですが、『平和利用の為の二足歩行型有人汎用機械なので武器も必要なかった』と紹介されています。その説明が私は少しツボでした。(笑)

現状では実際に動かすことは難しいそうなのですがそれにしても愛を感じますね。(^^)ガンダムファンの方は是非見に行かれてはどうでしょうか?道の駅には地域で育てられた新鮮な野菜もありお土産にも喜ばれますよ。

関西では近隣府県の移動が解除されましたので、新型コロナの感染拡大を予防する『新しい生活様式』を実践しながら、警戒しながらも少し外に出かけて経済が回ればいいですね。

  


ウィズコロナ 2020.06.01更新

いよいよ本日から6月ですね。弊社代表の家の紫陽花も咲いたみたいです。

そしてようやく緊急事態宣言が全国で解除されました。これからは徐々に経済活動を正常に戻していく動きなりますが、その中で働き方も今までとは変わってくると思われます。三密を避けるために始まった時差出勤や、リモートワークなどもそのまま継続する企業も少なくないと思います。

テレワークは子供がいる家庭などではなかなか思うように仕事が進まず、フラストレーションが溜まった話なども聞きますが、保育園や小学校が普段通りに戻れば朝に子供を送り出し、むしろ効率よく在宅勤務ができる職種もあるかもしれません。それに通勤経路での感染リスクも減少します。これが継続および確立できれば、企業側も事務所の縮小や、家賃や光熱費などの固定費の削減につながるかもしれません。

当日配達のエフワン便では、このコロナ禍で企業様の職場から社員様宅へパソコンや資料の配達など、逆に社員様宅から職場への配達などご依頼頂きました。また企業様によっては極力、取引先には出向かず、弊社にアウトソーシングしていただく動きもたくさんありました。

 この新型コロナとどう共存していくかが、第二波、第三波がくるまでに整える企業戦略がこれからを生き抜く鍵になってくると思います。北九州や東京都では、また感染者数が2桁になってきておりますので、まだまだ各自で気を引き締めなくてはなりませんね。

そして当日配達のエフワン便では、ご安心してご依頼頂く為にも、配送スタッフの毎朝の検温と体調管理、手洗いや消毒、マスク着用の徹底にこれからも努めてまいります。


リーダーシップ 2020.05.15更新

自粛生活を送る中でニュースを見る機会が以前よりも増えた気がします。そのニュースの中で、大阪の吉村知事の迅速な陣頭指揮、積極的な情報発信は強く印象に残りました。

自粛要請と休業補償は表裏一体である。コロナで失う命と失業で失う命の重みは同じ。まず医療崩壊を防がなければならない。大阪モデルと言われる『出口戦略』や『見える化』など、すべて具体的でどの世代の人にもわかりやすい内容や、血の通った話しぶりに感銘を受けた府民は少なくないのではないでしょうか。それを連携しつつも裏方で支えている松井市長も素晴らしく思います。

北海道知事もまた、2月末のまだ楽観モードの地域がほとんどの中で、独断で道内に緊急事態宣言を出しました。批評もあったものの結果、感染増加は鈍化しました。

リーダーシップの定義を改めて調べてみました。

『自己の理念や価値観に基づいて、魅力ある目標を設定し、またその実現体制を構築し、人々の意欲を高め成長させながら、課題や障害を解決する行動』だそうです。

こんな非常事態だからこそ、今まさに国政にも強く求められていると思います。『組織』には必ずリーダーシップのとれる人が必要とそう感じました。そして今回のコロナをきっかけに政治に対してもう少し勉強しようと考えさせられました。あくまでも私見ではありますが…。(^^;)



手作り布マスク 2020.05.01更新

緊急事態宣言が日本全国に発動されてから2週間ちょっと経ちました。感染拡大のニュースや自粛要請などで、ここ数か月で平穏な日常は様変わりし、誰しもがウイルスに対する不安を抱えていると思います。本当に今年初めに年越しをした時にはこんな2020年になるとは思ってもみなかったですね。

そんな毎日を過ごしながら、なにか当日配達のエフワン便でもできることはないかと思い、女性スタッフ皆で布マスクを手作りしました。今は企業や市民みんなで耐え忍ぶ時かもしれません。『もらわない。うつさない。ひろげない。』を基本に気持ちをひとつにしてみんなで頑張りましょう。そしてまた、この非常時だからこそ動く物流があると思います。お気軽にお問い合わせください。

 


沖縄へのフェリー配送 2020.04.01更新

先日、神奈川県から沖縄まで、フェリーを乗り継いで荷物を運ぶことになりました。荷物がアルコール成分の含まれた商品で、航空便では危険物に該当するため航空輸送はできなかったのです。

まず神奈川県から大阪の南港まで陸送しました。荷物を載せたまま軽四でフェリーに乗り込み、鹿児島の志布志港に14時間かけて到着。そこから鹿児島新港まで桜島を横目に見ながら車を走らせ、那覇港まで25時間かけてまたフェリーに乗りました。夜20:00頃に那覇港へ到着し、無事に荷物を納品することができました。その日はビジネスホテルへ一泊。翌日の早朝にはまたフェリーに乗り、同じルートで戻ってきました。

フェリーはこの時期ということもあり、行きも帰りも自衛隊ぐらいしか乗っておらず閑散としていたそうで、時間がずいぶんとゆっくり流れているように感じたそうです(笑)。唯一の娯楽はUFOキャッチャーで、海の生物のぬいぐるみを大量にGETし、それをスタッフみんなにお土産として持って帰ってきてくれました。

配送距離としては陸路が計567㎞、航路が計1,351㎞、合計1,918㎞の長旅でしたが、金曜日の朝出発し日曜日の夜には納品したので、約60時間で配達完了することができました。おそらく一生分の船旅をしたと思いますが(笑)、ドライバーさんは観光名所に立ち寄ったりして結構楽しんでいらっしゃいました。(^^)

  

  


9年目の3.11 2020.03.16更新

 この11日で東日本大震災から9年の月日が経ちました。毎年3月11日になると必ずあの時のことを思い出します。あの日、私はいつもどおり『当日配達のエフワン便』で受注や配車業務をしていました。たくさんのお仕事を受けていたのですが、その中でこの地震によって影響を受けたお仕事が2つありました。

ひとつは宮城県栗原市で荷物を集荷し、仙台空港で発送するお仕事でした。空港に向かっている最中に地震は起きました。遠く離れた大阪のエフワン便のコールセンターも違和感のある揺れ方をし、明らかに普通の地震じゃないことは直感的にわかりました。弊社の提携業者に集荷依頼をお願いしていたのですが、その地震直後から一切電話が繋がらなくなりました。ようやく連絡が取れたのは約3時間後で、状況を聞くと仙台空港に到着した時に地震が発生したそうです。すぐに水が空港まで流れてきて、間一髪で3階に避難したので、ドライバーもお預かりした荷物も無事でした。後から聞いた話では数日間、仙台空港から出ることができず、水が引くのを待っていたそうです。

もうひとつは東京駅から『新幹線の貨物便』に荷物だけを載せて、仙台駅で引き取って仙台市内へ3件配達のお仕事でした。こちらは地震が発生した時に、栃木の宇都宮あたりで新幹線が止まってしまい当日配達は困難になってしまいました。ただその状況を伝えるにも東京都内の依頼主に固定電話も携帯電話も繋がらないため、大変困ったのを覚えております。最終的に依頼主の大阪支店をホームページで調べて連絡をし、東京の依頼主にメールなどでやり取りして頂きやっと状況をお伝えすることができました。

先日も、エフワン便では防災訓練を実施しました。震度7の地震が発生したと仮定し、緊急連絡網で安否の確認を行いました。定期的に行うことによって、防災に備える意識が継続できればと思います。


新型コロナウイルスへの対策 2020.03.04更新

連日、新型コロナウイルスの感染が拡大しております。

そこで全国当日配達のエフワン便としましても、新型コロナウイルスへの対策として、お客様と対面で接客するドライバーやライダーには、マスクの着用を徹底させております。全国的にマスク不足になっておりますが、会社に備蓄しておりましたマスクを各ドライバーに配布しました。またアルコールスプレーも常備し、お客様のお荷物を触る直前に除菌をするように対策をしております。

コールセンター内では、マスクの着用はもちろんのこと、事務所のこまめな換気や、手洗い・うがいの徹底、朝の出社時の検温なども行っております。先日も各自の危機管理意識を高めるよう『新型コロナに対する緊急ミーティング』を行いました。『もらわない、うつさない、ひろげない』に留意し当日配達のエフワン便ではこれからも対応していきたいと思います。



我が家の感染病予防対策 2020.02.17更新

毎年この季節になりますと、インフルエンザが大流行の季節ですが、今年は新型コロナウイルスが世界中で大問題になっていますね。日本国内に入ってきている以上は、いつどこで私たちも感染するかわからないもので、特にお年寄りや小さい子供のいる家庭は気をつけて過ごさねばなりません。

我が家でもこの時期は、人の大勢集まる場所への不用意な外出は控え、マスクや手洗い、お部屋の加湿にも気を配っております。加湿器の横でアロマディフューザーを付けており、ティーツリーオイルを入れて空気清浄も兼ねております。この『ティーツリーオイル』は、弊社の代表に教えてもらった優れものなのですが、何千年もの昔からオーストラリアの先住民族が愛用したと言われる万能薬で、抗菌や抗ウイルス作用があるようなのです。アロマオイルのような使い方もできますし、湯船に数滴垂らしたり、洗剤に数滴入れて洗濯機を回したりと、除菌もできるうえに清潔な上品な香りです。

また腸が元気だと病気にかかりにくいと聞いた事があり、機能性ヨーグルトの摂取を毎日続けています。しかも朝食べるよりも、夜に食べた方が効果あるようで寝ている間に菌が腸内で活発に働くらしいのです。高機能ヨーグルトは小さいカップ1個で140円ぐらいするので家族分を毎日購入すると、ウイルスにやられる前に家計が壊滅してしまいます。(笑)そこでおすすめしたいのは牛乳パックでそのまま作れる『ヨーグルトメーカー』です。毎回作るたびに少し親種をとっておけば、それを元に半永久的に高機能ヨーグルトを作ることができます。ただ繰り返し作ると菌が弱まるので、たまに本種の商品を入れます。また同じ種類の商品だけでなく、たまには別の乳酸菌を体内に取り入れた方が良いらしいです。その他、うがいよりも、水分の『ちびちび飲み』が効果あると聞けば素直にやっております。(笑)私たちの生活は、まさに菌とウイルスに左右されるのだなとここまで書いてそう思いました。(^^;)

すべてメディアで取り入れた情報や、聞いた話なので、信憑性はどこまでかは責任持てませんが(笑)やらないよりはやった方が良い気がします。自分は自分で防衛するしかありません!やれることからコツコツと…頑張ってやってこの冬を健康に乗り切りたいと思います!


ヤガラ 2020.02.03更新

突然ですが、私この当日配達のエフワン便のブログを担当している『八柄』と言う者ですが、日本全国でも約150人程度しかいない少数の苗字なのです。確かに今まで親戚以外で同じ苗字の方にお会いした事がありません。

先日、『ダナン』に行った際にシーフードレストランで『アカヤガラ』をいただきました。皆様は『ヤガラ』という『魚』はご存じでしょうか?水揚げ量が少ないのでスーパーなどにはあまり流通していない、白身の高級魚になります。見た目は少しグロテスク(笑)な感じがしますが、細長い筒状の口が特徴的でコルネットというトランペットに似た管楽器に似ていることから『コルネットフィッシュ』とも言われているそうです。体長の約三分の一が口で、身の部分も少なく調理前の粘りに苦労する事から、単価が上がることも分からなくもありません。『アオヤガラ』『マダラヤガラ』など何種類があるみたいです。

そして『八柄』が『ヤガラ』食べるという共食い(笑)をしましたが、さっぱりとしてふっくら柔らかいとても美味しいお魚でした。日本ではお寿司屋さんでたまに入荷している事もあるそうなので、見かけた時は是非食べてみてくださいね。魚は(人は)見かけで判断してはいけません…(^^;)

 


ベトナムのダナン 2020.01.15更新

先日、お正月休みにわたくし八柄はベトナムの『ダナン』に行ってきました。

ダナンといえば去年、米朝や米中首脳会議などの候補地として名前が挙がりましたが、ベトナムのいわゆるリゾート地になります。今まさに発展途中の街で次々とホテルなどの建設ラッシュが進んでおります。首都のハノイが東京なら、ホーチミンは大阪、ダナンは熱海ぐらいのイメージでしょうか?

交通事情は右側通行で、とにかくバイクが多いです。スクーター1台に乗れるだけの家族が乗って移動します。一番前にお父さん、真ん中に子供3人、一番後ろにお母さん、という光景はザラです。(笑)信号機もほとんどと言ってもいいほどみかけません。主要の幹線道路を牛が(←野良^^;)横断したりします。

十字路交差点からの逆走も当たり前で、路側帯側を逆走しながら車の途切れたすきに本来の車線に入ります。交通整理をしている警官も見ることもないのですが、なかなかの強引な運転で事故が起こらないのが不思議なぐらいです。まるで渋谷のスクランブル交差点のようです。

ですが、よく観察してみると減速するべきポイントはしっかり押さえているのです。交差点に信号もなく、直進が優先という概念がないのか、お互いが十二分に気をつけている感じがしました。クラクションがあっちこっちで鳴っていますが、それは防衛の為の『私はここにいますよ!気付いてくださいね』というような意思表示で、『そこどけ!そこどけ!』と言うような攻撃的なクラクションではない感じがしました。日本とはまったく違う独自の交通ルールで成り立っている感があり、権利を主張するばかりでなくお互いを思いやることの大切さを感じた次第です。

世界は広く、ローカルな交通ルールはたくさんあるのだろうなと、運送業に携わっている身としては大変勉強になりました。(^^)


このページの上に戻る

gotop